【★】_X9A0284.jpg

略歴

1996年 愛知県名古屋市に生まれる

2015年 南山大学人文学部心理人間学科 入学

2019年 日本郵便株式会社 入社

2020年 東京海上日動を扱う損保代理店 入社

2023年 A&A Consulting株式会社 入社

経歴とエピソード

幼少期:親曰くいちばん可愛かった時。

幼稚園の発表会で姉の代が「おさかな天国」で踊る中、なぜか自分の代は「ミュージック・アワー/ポルノグラフィティ」で踊らされたことがいちばん記憶に残っている。

学童期:アクティブで常に動いていた時。

「家帰ったらランドセル置いて公園集合ね〜!」を週5でしていた。永遠に放課後を友人とポコペンをして過ごす。また、入ってはいけないマンションの屋上によく入り込んだり、遊具の天井に登ったりと、幼少期からテッペンを目指していた。

小4で部活動が始まってから、最大5つの部活を掛け持ち。この頃から興味があるもの全てに手を出してみるメンタルが身につく。一番力を入れた部活は陸上と器械体操。

思春期:なんとかなるかメンタルが身に付いた時。

中学では陸上部に入り部活動漬けの日々。100mを13秒後半〜14秒台で走っていた。

中2でKinKi Kidsにハマり、オタ活人生がスタート。

中3になってから「家から近い・電車のみで通える・制服が好み(あとで聞いたら同級生はみんなダサいと思っていたらしい)・修学旅行が奈良」というだけで志望校を決める。内申が13足りなかったが、1年間で怒涛の追い上げを見せ、志望校合格。人生って何とかなるな〜と勘違いする。

高校は中学のスパルタ部活がトラウマになりプレイヤーではなくマネージャーを志望。勉学に勤しむぞ!と意気込んでいたが、入部したサッカー部が週6だったため結局部活漬けの毎日。

青年期:人見知りがようやく改善され始める時。

心理に興味があり、心理人間学科へ入学。が、「心理」より「人間」に重きを置いていた学科で、必修科目は全てグループワークだった。そのため、人見知りをしている場合ではなくなり、人とのコミュニケーションのスキルが少しずつ上達した。1限目から4限目まで常に人と喋っている時もあった。今思うと地獄みたいな授業が多かった。